石油化学・合成樹脂メーカー/三井・ダウ ポリケミカル株式会社ホームページ - 製品紹介

製品紹介 | 製品一覧


エバフレックス®エチレン系ポリマー製品群

成形技術

 エバフレックス®は高圧法ポリエチレンと同様に射出成形、中空成形、押出コーティング、フィルム成形、シート・パイプ・異型押出成形などに適用できます。この他、塩ビ等で行なわれているカレンダー成形やゴムスポンジで用いられているプレス発泡成形(架橋発泡)も可能です。

1.射出成形、中空成形

 エバフレックス®の射出成形には通常の熱可塑性樹脂と同様、メルトマスフローレート(MFR)の高いもの(EV550、EV450など)がよく、中空成形にはMFRの低いもの(P1403、EV460)が適しています。
 成形条件としては、射出成形、中空成形共に樹脂温度、金型温度をできるだけ低目にすることが大切です。表1、表2に標準条件を示しました。
 なお、射出成形におけるエバフレックス®の収縮率は高圧法ポリエチレンの1/3〜2/3程度で、その具体例を表3に示しております。

表1 エバフレックス®の射出成形条件
(スクリュー式、 Eckert Ziegler、6オンス、シリンダーφ :45mm)
銘   柄 EV250 EV260 EV450 EV460 EV550
シリンダー温度
(℃)
120〜180 140〜180 140〜190 150〜210 160〜210
射 出 圧 力
(MPa)
59〜 78〜 59〜88 78〜118 69〜118
金 型 温 度
(℃)
20〜40 20〜45 20〜55 20〜55 20〜55
成 形 サ イ ク ル
(秒)
40〜70 40〜70 40〜70 30〜70 30〜70

表2 標準成形条件下の収縮率
銘   柄 たて方向 よこ方向



EV250 1.0% 0.7%
EV260 1.3% 0.8%
EV450 1.3% 0.7%
EV560 1.5% 0.8%
EV550 1.5% 0.6%
(参考)低密度ポリエチレン 2.0% 1.5%
試験板形状
角板150(たて)×80(よこ)×2mm、面に平行なピンポイントゲート により成形

表2 標準成形条件下の収縮率
材   料 EV460 EV560 EV460/LDPE*1 EV460/HDPE*2
 配  合  比 100% 100% 50%+50% 50%+50%
 シリンダー温度 (℃) 100-130-140 100-140-150 110-155-155 150-180-180
 ダ イ 温 度 (℃) 140 130 145 190
 樹 脂 温 度 (℃) 150 140〜150 160 185
 金 型 温 度 (℃) 20〜25 20〜25 22〜25 22〜25
 吹 込 空 気 圧  (MPa) 0.4〜0.5 0.4〜0.5 0.0〜0.64 0.6〜0.64
 型  締  圧  (MPa) 2.5〜2.9 2.9〜3.4 2.9〜3.9 2.9〜3.9
 冷 却 + 吹込 (秒) 25 25 40 40
 25 rpm 押出量  (g/分) 80〜90 80〜90 85(60min-1) 115(60min-1)
  *1 LDPE、MFR=1.9 密度=920(kg/m3)
  *2 HDPE、MFR=0.3 密度=945(kg/m3)