石油化学・合成樹脂メーカー/三井・ダウ ポリケミカル株式会社ホームページ - 製品紹介

製品紹介 | 製品一覧


エバフレックス®エチレン系ポリマー製品群

成形技術

6.カレンダー成形

 エバフレックス®のフィルムやシート加工には、インフレーション成形あるいはTダイによる押出成形が一般に行われており、カレンダー成形は一般的ではありません。しかしながら、塩ビのカレンダー装置を用いてエバフレックス®のカレンダー成形が行われる場合もあります。
 下記にエバフレックス®のカレンダー加工の留意点について述べると共に、エバフレックス®(酢酸ビニル含量14%)の代表的な加工条件を示します。

1.エバフレックス®カレンダー成形の留意点

(1)ブレンド工程が簡単
 配合成分が少なく分散も容易なので、ブレンド工程が簡略化できる。場合によってはミキシングロールとウォーミングアップロールを兼用できる。

(2)液体成分添加の方法
 エバフレックス®はペレットであるため、滑剤等の液体成分の配合成分は常温では吸収されず、エバフレックス®を熱溶融して、はじめて分散、吸収される。
 したがって炭カル等の粉末成分を配合する場合にはエバフレックス®に液状成分を充分に分散させるため、まずエバフレックス®と液体成分をよく混練して液体成分をエバフレックス®に分散させた後に粉末成分を加えてブレンドする必要がある。

(3)エバフレックス®シートの外観
 エバフレックス®は軟質塩ビに比べて溶融弾性が大きくロール粘着が大きいので良好なシート外観を得るためには、エバフレックス®に適した滑剤を選択すると共に、カレンダーロールの回転比を1.05以下望ましくは1.0に調整する必要がある。またロールの表面温度は離型性に大きく影響するので厳密にコントロールする必要がある。

・エバフレックス®用の滑剤の例
 川研ファインケミカル LTP-2(リン酸エステル)
 川研ファインケミカル LE-5
 アデカ・アーガス(株) MARK AX-38